a1 (102)

月末の給料日前になると仕事は忙しいのにお財布はあとちょっと足りない、ってことが結構あるんですよね。そんなときに、あれこれ時間を掛 けて節約することも出来なくて、困っちゃうんですよね。それで、カードローンを上手に使えば時間と手間を節約することが出来るようになるかなって思って、 とりあえず申し込むだけ申し込んでおこうかなって思ったんです。

でも、申し込みのときに収入証明書の提出が必要だと面倒なんですよ。それでWebで収入証明が要らないカードローンを探してみたら、結構ありました。ネット銀行系はだいたい収入証明不要のカードローンがあるんですよ ね。これは助かりますね。

特に所得証明みたいなものは、取得手続きに時間も掛かりそうだし、そもそも専業主婦の場合、どうすればいいのかよく分からな い・・・でも、以下のサイトで調べてたら、三菱東京UFJ銀行のカードローンは専業主婦でも大丈夫みたいだし、なんと最短で申し込んだその日に自分の銀行 口座に振りこんでくれるみたい!銀行まで足を運ぶのも、カードローン申し込むのも抵抗あったから、ネットだけで申し込めるのは嬉しいな♪私が参考にしたの は以下のサイトです。

a1 (154)

在日外国人の方でもカードローンの利用は可能ですが、借り入れを行うにはある一定の条件をクリアする必要があります。
その条件とは一般的に、

  • 原則10年以上継続して日本に在留している事を条件として認定された一般永住者
  • 戦前から移住する特別永住者
  • 日本人の配偶者を持つ者

この上記3つが挙げられます。
上記の条件を満たした外国人の方であれば、母国に逃げる可能性が低いため比較的日本人と同じような扱いを受けることができるそうです。これらの条件を踏まえた上で、私が紹介する注目のカードローンは「プロミス」ですね。プロミスは他の金融機関に比べ、比較的在日の方へのキャッシングに前向きだと言われています。

先程も述べたように、必要な書類(特別永住証明書、在留カード等)を所持しており、安定した収入のある方なら日本人同様、容易に借り入れることができます。また30万円以下の借り入れであれば更に審査基準も甘くなるので、収入に不安のある方でも問題はないと思います。

今回紹介したのはプロミスだけですが、その他にも外国人の方へ融資可能な金融機関はたくさんあります。なので一つの金融機関のみに注目するのではなく、幾つかの金融機関にトライしてみることも、融資を受ける可能性を高める一つの手段だと思います。

 

留学生や外国人が持てるクレジットカードあるんだ

クレジットカードが欲しいんですけど・・・ 私はスペインから来た留学生です。日本に来て、1年ちょっと。 学校では友達もできて、日本語がかなり上達していて 「日本語うまいね。」って言われることもあります。 もちろん、読み書きも授業でついていけるくらいはできます。ただ、学生だし、しかも外国人なので、 クレジットカードは作れないんじゃないの?って、 友達に言われてます。

私だって、ちょっとおしゃれな服とか欲しいし、 好きなアーティストのライブも行きたい! だから、クレジットカードでいろいろと買えたらいいなぁと思ってて、 どうしても手に入れたいんです。こんな私でもクレジットカードは作れるのでしょうか? クレジットカードは、審査がきびしいって聞いてるのでちょっと不安。 でも、持ってるだけでなんかステータスあるし、 素敵な特典やサービスが受けれるし、ポイントがつくのがいいじゃないですか。

ネットショッピングもクレジットカードがないと ホント不便。 そうだ、ネットで調べてみよう!外国人でもクレジットカードが作れます。だって! 永住権もいらないし、身分証明書類があればいいんだぁ。 私の場合は、学生証外国人登録証明証があるから、 これで大丈夫かな?

ドイツから来た子にも教えてあげようっと。 あの子もクレジットカードを作りたいって言ってたよね。 いっしょに申込みをしてみましょう。それを使って、京都旅行の予約とかお豆腐屋さんも予約できるかなぁ? なんだか夢が膨らむね。ネットで調べたHPです。(参照⇒外国人・留学生向けクレジットカード

 

クレジットカードの作り方の新常識

生活にはもはや欠かせなくなったクレジットカードですが、最近は2、3枚ほど持っていて、時と場合に応じて賢く使い分けしてる人がたくさんいますね。カードごとに強みが違ってるから、お得に利用したいなら、やっぱり複数枚持っていると、役立つんです。新常識としてこれからクレジットカードを作りたい方は、作り方のコツを覚えておくのがいいでしょう。

まずは、どの場面でお得になるかを考えるのが大切なんです。ショッピング好きの人はよくいくお店でポイントがいっぱい貯まるとか、割引きになるなんてカードがいいですね。また、仕事で車をしょっちゅう運転している人なら、ガソリンを入れるとポイントがたくさん貯まったり、ETCカードと連携させられるとか、ロードサービスが使えるカードなんかが向いてますね。

電車やバスなんかで毎日通勤してて、交通系ICカードを使ってるなら、それが付いてるカードか、オートチャージでお得になるカードなんかが向いてます。新常識として、公共料金や通信費なんかの支払いもカードでできてしまいます。だから、作り方としてそれに対応したカードを選べば、毎月の支払額に応じてポイントが貯まっていくから、カード払いでショッピングをあんまりしないという方にも向いていますね。

 

クレジットカードの作り方の新常識

生活にはもはや欠かせなくなったクレジットカードですが、最近は2、3枚ほど持っていて、時と場合に応じて賢く使い分けしてる人がたくさんいますね。カードごとに強みが違ってるから、お得に利用したいなら、やっぱり複数枚持っていると、役立つんです。新常識としてこれからクレジットカードを作りたい方は、作り方のコツを覚えておくのがいいでしょう。

まずは、どの場面でお得になるかを考えるのが大切なんです。ショッピング好きの人はよくいくお店でポイントがいっぱい貯まるとか、割引きになるなんてカードがいいですね。また、仕事で車をしょっちゅう運転している人なら、ガソリンを入れるとポイントがたくさん貯まったり、ETCカードと連携させられるとか、ロードサービスが使えるカードなんかが向いてますね。

電車やバスなんかで毎日通勤してて、交通系ICカードを使ってるなら、それが付いてるカードか、オートチャージでお得になるカードなんかが向いてます。新常識として、公共料金や通信費なんかの支払いもカードでできてしまいます。だから、作り方としてそれに対応したカードを選べば、毎月の支払額に応じてポイントが貯まっていくから、カード払いでショッピングをあんまりしないという方にも向いていますね。

 

外国人向けのクレジットカード、ひとり疑問点

私の友人が今度結婚することになりました。

その旦那様は、イギリス人なんですって。国際結婚も大変よねえ…なんて話をしていたのですがふと友人が「カードやローンの審査ってどうなるのかしら」とこぼしたのでした。

そういえば、クレジットカードの審査って勤続年数とか、年収とかを聞かれますよね。旦那様は、日本で働いていなかったし年収も日本円でなかったわけですが、審査を無事通ることができるの?

私にとってはカードの支払いは当たり前なものです。それができないとなると…、それって大変じゃない!そこで、クレジットカードを外国人が取得するのに重要と思われる項目を調べてみました。

Q. 外国人はどうやってクレジットカードを取得できるの?

日本人が取得する流れと基本変わらない
ようです。用意する書類が若干異なるだけで、A. 事前に連絡、相談 → 審査 → 発行 です!

Q. 永住権が必須なの?

永住権があった方がベストらしいですが、もし無い場合でも取得できるクレジットカードはあるそうです。だから、A. 必須でない!

Q. 国内でしか使えないの?

私たち日本人より、外国の方のほうが外国に行かれる機会が多いはずです。だから、外国でも使えるカードがあるかと心配になったのですが…、A. 外国でも共通して使えるクレジットカードがあるようでした!

Q. 審査は難しいの?

外国人登録証明書、運転免許証などの身分証明書があれば発行してくれるそうです。いろいろ調べましたが、A. 審査はさほど厳しくなさそうです!(むしろ柔軟なところもあるとも聞きました)

なるほど、こうして見ると日本人が取得するのとほんとに若干違うだけなんですね。友人も安心するんじゃないかな。よかったぁ~!

企業の資金繰りに不安があるならコンサルタントを雇用するかファクタリングで財務回復を目指す方法もあり!

a1 (117)

新しく会社を立ち上げる事業主の中には、商売で儲かった売掛金が現金として口座入金されるまでの期間の資金の遣り繰りを心配する人は少なくありません。こうした先々の不安や企業の資金抽出方法について適切なアドバイスをくれるのが、資金調達の知識専門家と言われるコンサルタントです。

コンサルタント探しは、日本最大規模と言われる資金調達プロというサイトで最寄り地区に活動拠点を置く専門家探しが24時間できますし、現在人気の事業主専用銀行カードローンもランキング方式で紹介されています。又、今すぐに高額の利益を得て商売の仕入れや設備投資に還元したい場合は、独自のファクタリング商品を提供している優秀なマネジメント会社を探すのもお勧めです。

ファクタリングは審査が複雑で難関と言われる銀行融資に頼らないで資金を集められる話題の調達法で、資金繰りが苦しく貸し倒れしやすい印象のある零細企業にも債権の買取に前向きに協力してくれます。

ファクタリングは早ければ30分程度の来社面談で契約書を取り交わす事が可能ですが、遠方の場合はメールや電話での相談にも応じてくれるので、なるべく大きな借金を抱えたくない企業は注目のサービスです。

 

派遣に関する特徴と順番の注意点

派遣で働く人々は、カードローンに関する不安を覚える場合があります。果たして振込手続きが可能になるか、ちょっと心配だからです。確かにカード商品は、正社員が有利な事は間違いありません。しかし派遣でも、特に問題無いケースは多い訳です。ちなみにufjでも、そういった働き方でも問題無いケースは多々あります。もちろん確率は100%ではありませんが、少なからず通っている事例はあるのです。

ところで人によっては、早さを求める事もあるでしょう。結論を申し上げれば、ufjで借りたいと考えるなら、できるだけ早めに手続きを行う方が良いです。というのもufjは、申し込み順に手続きを行う事になります。順番が存在する以上は、やはり午後などに申し込みをした人々は、どうしても後回しになる訳です。

逆に午前中などにufjで手続きが完了すれば、それだけ速やかにカードが発行されるようになります。したがって速さを望むならば、やはり午前中に手続きを済ませると良いでしょう。

 

デリバティブについて

デリバティブの取り引きをは相当な影響力をもつ売り買いだと思います。海事をはさんで取引されるものはいろいろありますがけして悪い取引ではないと思います。しかしながらデリバティブについてもほかの取引についてもですがけしてよいばかりだけではないと思います。

例えていうならデリバティブは劇場だと思います。そして先にその劇場のチケットを金額の取引をするようなものでしかしどんなに先に予約したチケット取引でもそこに劇場の観客が全員来るとはいえませんし満席になる環境になるとも補償がありません。このたとえにしましたがだからこその劇場の先予約のチケットの価値とは取引価値については多少のリスクはあるだと思います。

もう一つ付け加えたたとえとするなら劇場のチケットを、購入するときにチケットが本物かどうか騙されていないかなどのチェックは必要だと思います。万が一それが偽物だったらお店にクレームをつけるようにデリバティブ取引についても弁護士にお願いするといいかと思います。

 

金融について教育してほしい

日本の義務教育では金融に関する勉強はほとんどしませんよね。大人になってから独学で金融について勉強しているかたも多いと思います。金融は生きていくためには知らなくてはいけないことなのに、なぜ義務教育で勉強しないのでしょうか。

これから給料はあまり上がらず、少ないお金でやりくりしていかなくてはいけない家庭も多いと思います。金融についての知識はなくてはいけないものです。義務教育の見直しをして金融について学ぶ機会を増やしてほしいと思います。きっと金融について学びたい人も多いはずです。金融について勉強している人と勉強していない人では、お金の増やしかたがかわってくると思います。

みんな金融について知る権利があるはずです。誰もが金融の知識を得られる機会を増やしてほしいです。生きていくために必要なことを学ぶのが義務教育ではないでしょうか。ぜひこの問題を政治家に解決してもらいたいです。金融の教育について要旨だけでも考えてほしいです。

 

レディス商品などを見つけたい時に便利な一覧サイト

税金滞納などは、賃金業者のきっかけになる場合があります。何せ税金はかなり大きな金額ですから、なかなか工面が難しい事もあるでしょう。そういう時に、賃金業者から借りる発想が生じる事はよくあります。それで女性は、レディス商品などを検討する事もあります。ただし問題は、準備中などのポイントです。何か商品に興味を持つまでは良いですが、あいにく準備中という事もあります。

そういう時には、消費者金融一覧などを読むと良いでしょう。ここより検索フォームなどと、そういうサイトには書かれている事もあります。一覧サイトは2つのメリットがあって、まず女性専用に関する検索のメリットです。上記のフォームでは、女性専用商品を効率良く見つけられますから、一度使ってみると良いです。スピーディーに見つけられるからです。

またもう1つですが、口コミなどで各業者に対する評判も確認できます。それゆえに女性としては、最適業者を見つける為に一覧サイトを確認するケースも珍しくありません。

 

自動引落口座に関する限定性に注意

スキーなどに行こうと考える事があります。そういう時に、自家用車の購入が検討される事も多いです。なぜならマイカー以外では、スキー場に対する移動が難しい事もあるからです。しかしマイカーなどは、それなりにまとまった金額になります。100万を超える車も多いですから、マリンバンクなどに相談する事例も多いです。

そもそも100万は、一括で支払うのは難しい傾向があります。しかし分割ならば特に問題無いケースも目立ちますから、オートローンが検討される訳です。それで返す商品を利用する場合、自動引落口座が意外とポイントになってきます。そもそも返す為の口座は、どこでも良い訳ではありません。必ず所定の口座に限定される訳です。

それが具体的にどこに決定されるかは、それこそ銀行次第と言えます。自分で決められる商品ではありませんから、要注意と言えるでしょう。ただし銀行によって、複数社から選べることもあります。したがって銀行選びなどは、重要ポイントになるでしょう。

 

審査の甘い消費者金融とは

債務整理などをしますとなかなかお金を借りることができなくなります。要するに信用情報ががた落ちするので、これはある意味では仕方ないことであるといえるでしょう。しかし、世の中にはいくらでも審査の甘い消費者金融があります。ですから、一生借りることができない、というわけではないのです。

日本においては姓名で判断されていることが多く、結婚などをしますと実はがた落ちした信用情報が元に戻る、少なくともマイナスではなくなる、ということがあります。これが良い方法であるのか、というのはまた別問題ではあるのですがやり方としては覚えておいて損はないでしょう。

出資法改正によってグレーゾーン金利が確実に違法となりましたから、消費者金融も今は大変なのです。ですから、厳しく審査をしているところもあるにはあります。借りる側としてはしっかりと月々の返済に困らない程度に借りるように心がけましょう。それが利用法としては基本になります。

 

国税にも利息があります

国税も延滞をしますと利息を支払うことになります。債務、ということになりますから、これは覚悟しておきましょう。ちなみに金額的に大したことがないこともあります。そもそも利息ですから、何倍、何十倍、と言うようなことはありませんから、その点はそこまで心配することはないです。

とにかく、しっかりと申請をしてキチンと支払うことです。それが税金の大原則であるといえます。ちなみに申告漏れなんてことはそこまで珍しいことではないでしょう。ないほうがよいに決まっていますが、どうしてもやってしまうこともあります。キチンと追徴すればほぼ問題ないことになりますから、極端に不安視する必要性はないでょう。

債務ということになりますが、自己破産などでは免責されないことになっていますから、その点はよく理解しておきましょう。どうしても仕方ない時であろうと自己破産はできないようになっています。税金というのはそうした物であることをよく認識しておくことです。