外国人の方におすすめの注目マネーサービス

a1 (154)

在日外国人の方でもカードローンの利用は可能ですが、借り入れを行うにはある一定の条件をクリアする必要があります。
その条件とは一般的に、

  • 原則10年以上継続して日本に在留している事を条件として認定された一般永住者
  • 戦前から移住する特別永住者
  • 日本人の配偶者を持つ者

この上記3つが挙げられます。
上記の条件を満たした外国人の方であれば、母国に逃げる可能性が低いため比較的日本人と同じような扱いを受けることができるそうです。これらの条件を踏まえた上で、私が紹介する注目のカードローンは「プロミス」ですね。プロミスは他の金融機関に比べ、比較的在日の方へのキャッシングに前向きだと言われています。

先程も述べたように、必要な書類(特別永住証明書、在留カード等)を所持しており、安定した収入のある方なら日本人同様、容易に借り入れることができます。また30万円以下の借り入れであれば更に審査基準も甘くなるので、収入に不安のある方でも問題はないと思います。

今回紹介したのはプロミスだけですが、その他にも外国人の方へ融資可能な金融機関はたくさんあります。なので一つの金融機関のみに注目するのではなく、幾つかの金融機関にトライしてみることも、融資を受ける可能性を高める一つの手段だと思います。

 

留学生や外国人が持てるクレジットカードあるんだ

クレジットカードが欲しいんですけど・・・ 私はスペインから来た留学生です。日本に来て、1年ちょっと。 学校では友達もできて、日本語がかなり上達していて 「日本語うまいね。」って言われることもあります。 もちろん、読み書きも授業でついていけるくらいはできます。ただ、学生だし、しかも外国人なので、 クレジットカードは作れないんじゃないの?って、 友達に言われてます。

私だって、ちょっとおしゃれな服とか欲しいし、 好きなアーティストのライブも行きたい! だから、クレジットカードでいろいろと買えたらいいなぁと思ってて、 どうしても手に入れたいんです。こんな私でもクレジットカードは作れるのでしょうか? クレジットカードは、審査がきびしいって聞いてるのでちょっと不安。 でも、持ってるだけでなんかステータスあるし、 素敵な特典やサービスが受けれるし、ポイントがつくのがいいじゃないですか。

ネットショッピングもクレジットカードがないと ホント不便。 そうだ、ネットで調べてみよう!外国人でもクレジットカードが作れます。だって! 永住権もいらないし、身分証明書類があればいいんだぁ。 私の場合は、学生証外国人登録証明証があるから、 これで大丈夫かな?

ドイツから来た子にも教えてあげようっと。 あの子もクレジットカードを作りたいって言ってたよね。 いっしょに申込みをしてみましょう。それを使って、京都旅行の予約とかお豆腐屋さんも予約できるかなぁ? なんだか夢が膨らむね。ネットで調べたHPです。(参照⇒外国人・留学生向けクレジットカード

 

クレジットカードの作り方の新常識

生活にはもはや欠かせなくなったクレジットカードですが、最近は2、3枚ほど持っていて、時と場合に応じて賢く使い分けしてる人がたくさんいますね。カードごとに強みが違ってるから、お得に利用したいなら、やっぱり複数枚持っていると、役立つんです。新常識としてこれからクレジットカードを作りたい方は、作り方のコツを覚えておくのがいいでしょう。

まずは、どの場面でお得になるかを考えるのが大切なんです。ショッピング好きの人はよくいくお店でポイントがいっぱい貯まるとか、割引きになるなんてカードがいいですね。また、仕事で車をしょっちゅう運転している人なら、ガソリンを入れるとポイントがたくさん貯まったり、ETCカードと連携させられるとか、ロードサービスが使えるカードなんかが向いてますね。

電車やバスなんかで毎日通勤してて、交通系ICカードを使ってるなら、それが付いてるカードか、オートチャージでお得になるカードなんかが向いてます。新常識として、公共料金や通信費なんかの支払いもカードでできてしまいます。だから、作り方としてそれに対応したカードを選べば、毎月の支払額に応じてポイントが貯まっていくから、カード払いでショッピングをあんまりしないという方にも向いていますね。

 

クレジットカードの作り方の新常識

生活にはもはや欠かせなくなったクレジットカードですが、最近は2、3枚ほど持っていて、時と場合に応じて賢く使い分けしてる人がたくさんいますね。カードごとに強みが違ってるから、お得に利用したいなら、やっぱり複数枚持っていると、役立つんです。新常識としてこれからクレジットカードを作りたい方は、作り方のコツを覚えておくのがいいでしょう。

まずは、どの場面でお得になるかを考えるのが大切なんです。ショッピング好きの人はよくいくお店でポイントがいっぱい貯まるとか、割引きになるなんてカードがいいですね。また、仕事で車をしょっちゅう運転している人なら、ガソリンを入れるとポイントがたくさん貯まったり、ETCカードと連携させられるとか、ロードサービスが使えるカードなんかが向いてますね。

電車やバスなんかで毎日通勤してて、交通系ICカードを使ってるなら、それが付いてるカードか、オートチャージでお得になるカードなんかが向いてます。新常識として、公共料金や通信費なんかの支払いもカードでできてしまいます。だから、作り方としてそれに対応したカードを選べば、毎月の支払額に応じてポイントが貯まっていくから、カード払いでショッピングをあんまりしないという方にも向いていますね。

 

外国人向けのクレジットカード、ひとり疑問点

私の友人が今度結婚することになりました。

その旦那様は、イギリス人なんですって。国際結婚も大変よねえ…なんて話をしていたのですがふと友人が「カードやローンの審査ってどうなるのかしら」とこぼしたのでした。

そういえば、クレジットカードの審査って勤続年数とか、年収とかを聞かれますよね。旦那様は、日本で働いていなかったし年収も日本円でなかったわけですが、審査を無事通ることができるの?

私にとってはカードの支払いは当たり前なものです。それができないとなると…、それって大変じゃない!そこで、クレジットカードを外国人が取得するのに重要と思われる項目を調べてみました。

Q. 外国人はどうやってクレジットカードを取得できるの?

日本人が取得する流れと基本変わらない
ようです。用意する書類が若干異なるだけで、A. 事前に連絡、相談 → 審査 → 発行 です!

Q. 永住権が必須なの?

永住権があった方がベストらしいですが、もし無い場合でも取得できるクレジットカードはあるそうです。だから、A. 必須でない!

Q. 国内でしか使えないの?

私たち日本人より、外国の方のほうが外国に行かれる機会が多いはずです。だから、外国でも使えるカードがあるかと心配になったのですが…、A. 外国でも共通して使えるクレジットカードがあるようでした!

Q. 審査は難しいの?

外国人登録証明書、運転免許証などの身分証明書があれば発行してくれるそうです。いろいろ調べましたが、A. 審査はさほど厳しくなさそうです!(むしろ柔軟なところもあるとも聞きました)

なるほど、こうして見ると日本人が取得するのとほんとに若干違うだけなんですね。友人も安心するんじゃないかな。よかったぁ~!